薬剤師が結婚したい相手とは?薬剤師と結婚する為に知っておきたい5つのこと

薬剤師 結婚

結婚相手として人気の職業の薬剤師。リケジョ代表の薬剤師は男性から人気の職業です。
そんな薬剤師と結婚したいと希望する方は多いですが、どうしたら薬剤師と結婚できるのでしょうか?
今回は、薬剤師とはどんな人たちなのか、薬剤師の給料事情、薬剤師と結婚するメリット、薬剤師師とどこで出会えるのか、薬剤師が結婚相手に求める男性像ということを書いていきたいと思います。

薬剤師とはどういう人たちなのか

薬剤師 婚活

薬剤師の仕事

薬剤師になるには、大学の薬学部か薬科大学に設置されている6年制の薬剤師育成コースを修め、薬剤師国家試験に合格することが必要です。
薬剤師の一般的な仕事は、病院や薬局で薬を管理し、医師の処方箋によって薬を調剤することです。
近頃では、医師の処方箋を病院外の薬局で薬剤師が調剤する医薬分業体制が進行しており、その役目は重要度が増大しています。
薬局などで市販の薬に関して案内するのも大事な仕事です。
その他には、製薬会社などの民間会社や官公庁で、調剤とは別の仕事に従事する薬剤師もいます。
また最近は、患者さんに合った薬の量やタイミングなどを設計し、そこからどんな効果が期待できるかを予測して医師に提案する臨床薬剤師も注目が集まっています。

几帳面な人

薬剤師のとりわけスタンダードな仕事とは薬を調剤することです。
医師の処方箋に基づいて、患者さんのために間違いない分量や配合で薬を準備しないといけません。
この仕事は、細かな作業が伴います。
薬の分量は○ミリグラム、○ミリリットルというふうに決まっていますから、この分量から外れないように手抜かりなく確認しながら薬を作っていかなければいけません。
万が一にも、ちょっとくらいの差異くらいなら大丈夫だろうと、薬剤師がアバウトな分量で配合をしてしまったら、薬の副作用で患者さんの健康を奪ってしまう事態になりかねません。
細かな工程において、どんなことがあっても手抜きをしない、几帳面である人物が、薬剤師には求められるのです。

責任感がある

薬剤師は、仕事に関して責任感を強く持っていることが不可欠です。
なぜなら、薬剤師の仕事は、ちょっとしたケアレスミスが医療過誤につながります。
子供用の薬の調剤などは、ほんの少しの計量間違いでも、深刻な副作用がもたらされる恐さがあります。
そのため、仕事において責任感を持つことはかなり大事になってきます。
分からないことをうやむやにしたり、自身の間違いの報告をしないでいたりするのは、深刻なトラブルの要因となります。
分からないことはいち早く調べる、間違えてしまったらいち早く知らせるというアクションができる人でないとなりません。

薬剤師の給料事情

薬剤師 お見合い

平均よりも高い給料

薬剤師は高い収入で安定した職業だと思われていますが、実際の年収はいかほどなのか?
気になりますね。
厚生労働省の『賃金構造基本調査』を参考にした直近の薬剤師の平均年収で543万円となっております。
薬剤師の平均年収は一般的な会社員と比較して100万円近くも高い様子です。
また、薬剤師としての働きかたを変更するだけで、年収700万円ないしは年収1,000万円以上の給料が叶う職業です。
年収700万円以上の高い収入の薬剤師は、企業薬剤師、管理薬剤師、派遣薬剤師として仕事をする事が多いようです。
能力に応じて年収1,000万円も狙えます。

薬剤師の将来性

高齢者は増加し、薬価差益の割合が大きく、将来仕事が消える懸念は僅かでしょう。
薬局そのものは、大規模化、チェーン店化しており、新しい店舗があれば、薬剤師は当然求められます。
更に、少子化により大学受験者人数も減ってきている状況ですから、将来は厳しい薬剤師欠如が危ぶまれるかもしれません。
また、介護施設や民間薬局の大型化によって、将来性これから先薬剤師の需要が上昇することが考えられます。

薬剤師と結婚するメリット

薬剤師 結婚相談

薬に詳しい

薬剤師と結婚するにあたり最大の利点としては、やはり万一体調異常になってしまった時は必要とされる薬がわかり、準備してくれるということでしょう。
調子が悪く仕事などで病院に訪れる空き時間のない人からすれば、自身の病気の状況を踏まえて欠かせない薬が見極められる薬剤師はなんといっても共にいて安心できるでしょう。

国家資格で手に職がある

職業として大いに安定しており、人手不足もあり職に困ることはないといわれています。
女性であれば国家資格を持っていることで、一度勤め先を辞めた後の再就職も、パートアルバイトから大手製薬会社もあり、たくさん揃っているので、再就職もできやすいです。
また薬を取り扱っているため社会的信用も高く認められ、周りからの評価が高いです。
最近は収入の良さよりも安定を求める人もたくさんいて、薬剤師の職業は人気がでており、家庭との両立も行いやすいといえます。

給料が高い

薬剤師というと薬局で働いている印象が強いですが、力を発揮している場所は広範囲にわたります。
研究職に従事する人や病院に勤務する人などいろいろです。
特に収入が高め人は製薬会社に勤務する人が多いです。
製薬会社は製造会社の中でも収入が高い業界と評されています。
また、薬剤師の資格を携えて製薬会社に勤務すると出世の速さも比較的スピーディのようです。
上手くいけばマネージャー職まで昇進し、大企業でたら年収1千万円も狙えます。

薬剤師とどこで出会えるのか

薬剤師 結婚相談所

ドラッグストアに出入りしてみる

薬剤師の主だった勤め先の中で、一般の人が最も出入りが容易なのがドラッグストアです。
製薬会社や薬局に勤務している薬剤師の人も少なくないですが、そうした勤め先に行き来できる人は限定されてしまいます。
ドラッグストアで薬を繰り返し購入し、お近づきになるというアプローチです。
近頃のドラッグストアは以前より処方箋の取り扱いも増加しおり、その影響を受けて薬剤師を採用しているところが多くあります。
さらに、話しかけるチャンスも割合手軽に作れます。
自身の健康や生活環境に関してお悩み事相談すれば良いのです。
したがって、医療関係者ではない普通の人が薬剤師と巡り会える場所としてドラッグストアは有効な場所としてが挙げることができます。

調剤薬局に通う

調剤薬局の薬剤師と出会いたいなら、利用する薬局はひとつに決めると良いでしょう。
お近くにある調剤薬局でも構いませんし、病院のそばに位置するところでもいいと思います。
同一の場所に顔を出し続けることで、常連のお客様になり、薬剤師と仲良くなることができます。
たとえ、そこにタイプの薬剤師がいないとしてもかまいません。
なぜなら、薬剤師とつながりを持つことが大事だからです。
薬剤師とコネクトすることができれば、数多い独身薬剤師とつながれる可能性が大きくなります。
薬剤師と結婚したい旨を伝えて、好みの女性像をお知らせしておけば、条件に見合った女性を紹介してくれるかもしれません。

結婚相談所へ登録する

薬剤師との出会いを探し出す手段として、結婚相談所に登録するというやり方もあります。
お見合いなど古めかしいと感じるかもしれないのですが、近頃ではお見合いの評価が上がっており、若い年代のうちから結婚相談所へ登録してお目当てを探すという方も少なくないものです。
結婚相談所の優れた点は、何と言ってもカウンセラーがあなた自身のご希望に沿った対象を探し出してくれるという点です。
さらに成婚へ目標に色々な手助けを行なってくれることでしょう。
ですので、結婚相談所の成婚する確率は婚活業界の中においてもひときわ高くなります。
結婚を真面目に考えておられる人が集合しているため、交際から結婚までがスピーディーなのも好ましい点です。
職業や学歴、年齢などの理想に基づき紹介されるので、自分の希望に合った薬剤師と出会える可能性もアップします。

薬剤師が結婚相手に求める男性像

薬剤師 出会い

同じくらいの収入がある男性

薬剤師は学歴が高くもあり、年収も安定しています。
薬剤師になるまでも6年間という学習漬けの薬学部の毎日を過ごし、難関である国家試験に合格し、やっと薬剤師になれます。
薬剤師になってからも、新たしい知識を吸収し続け、常日頃薬を学ぶことに追われます。
勉強家で頑張り屋が多く、その中で手に入れた資格です。
自分自身につり合った人=同年収という価値観になっても自然なことです。
尊敬もでき、自身の自尊心を満たせる同等の収入がある人を探し求めるようです。

仕事に理解がある男性

薬剤師の仕事は、多くは病院や薬局で勤めている印象があり、勤務時間も定時で終了すると思われがちです。
ですが、勤務先によっては24時間のシフト制での仕事もあり、不規則なこともあるのです。
そういった状況は、当たり前ですが、時間の都合が合わせづらく、会話することがほとんどできないなど、すれ違いが生じがちです。
結びつきも弱くなってしまうことが心配されることから、仕事に対して理解がある伴侶を選びたいようです。

細かいことにこだわらない大らかな男性

薬剤師という医薬品を扱う仕事は、取り違えて万が一の事が発生しないよう、日常的に緻密さが必要です。
その分、私生活ではリラックスしたいものです。
私生活まで気を遣いすぎると心のバランスが崩れてしまいますので、細かいことにこだわらない大らかな男性を求めるがちです。
大概のことは気持ちよく受け容れてくれて、女性のすることに口を挟まない男性が薬剤師にはピッタリくるようです。

薬剤師と結婚 まとめ

いかがでしょうか。
薬剤師との結婚を現実のものにするためには、薬剤師がどういう人なのかや結婚相手として求める男性像、そして出会うためにどうしたら良いのかなど具体的にイメージしておく必要があります。
上記のことを参考にして、薬剤師との結婚を実現するお役に立てれば幸いです。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. 弁護士 婚活

    弁護士と結婚したい!実現するために知っておくべき5つのこと

  2. 公認会計士 結婚

    公認会計士と結婚したい!実現するために知っておくべき5つのこ…

  3. 看護師 結婚

    看護師が結婚したい相手とは?ナースと結婚する為に知っておきた…