医者と結婚したい!医者と結婚を実現するために知っておくべき5つのこと

医師 結婚

結婚相手として人気の職業の医者。結婚したい男性の職業として常に上位に位置しています。人の命に関わる仕事をしているので尊敬の念を持たれ、又社会的ステータスも高く、高収入で職業として人気があります。
そんな医者との結婚を憧れる女性は多いですが、どうしたら医者と結婚できるのでしょうか?
今回は、医者とはどんな人たちなのか、医者の年収事情、医者と結婚するメリット、医者とどこで出会えるのか、医者が結婚相手に求める女性像ということを書いていきたいと思います。

医者とはどういう人たちなのか

医者 出会い

医者になるためには?

医者を目指す人は、大学の医学部又は医科大学に入学し、6年にわたり必要な知識を修得します。
そして、医師国家試験に合格することが求められます。
医師国家試験にパスしたら、その後は免許更新などは要らなく、ずっと医者として働けます。
しかし、この医師国家試験に無事通過しても、まだ独り立ちした医者とはいえません。
原則的には、2年以上「研修医」として色々な研修を重ねた後に、自らの志望を決定し、いよいよ独り立ちの医者として活動し始めることになります。

医者の仕事とは?

医者の仕事と耳にすれば大勢の方がイメージするのは、おそらく病院で患者さんに診察や治療をする医者の様子ではないかと思います。
このような医者は、いわゆる「臨床医」と称されています。
臨床医の仕事とは、まずは患者さんを問診することからスタートします。
病院に来た患者さんから症状を聞き、心臓の音を聴いたり、体温を計測したり、喉の状態を確認したり、体調不良となる原因を探ります。
もうひとつ、医者がしている重要な仕事が、研究者の仕事です。
医学が進歩した今の世でも、まだまだ原因が分からず治療方法を模索している病気が多くあります。
このような病気を突き止めるために、大学や病院などで研究を行なっている医者のことを「研究医」といいます。
研究医は、常日頃から、実験を繰り返し、データを集め、同時に論文を書いています。
利用価値が高く発展性のある研究成果を出したら、学会で発表したり学術誌に掲載したりして、大々的に世に公表します。
臨床医、研究医それぞれとても重要な役割を担っています。

誠実な人

病院で働く医者の仕事は、患者さんの診察をしたり治療をしたりすることだけではありません。
病気を良くするために一番大事な事は、患者さん自身の良くなろうという心持ちです。
機会を見て、不安を抱いている患者さんの精神面をクリアするために悩み事を聞いてあげたり、元気よく勇気づけてあげたりするのも求められることです。
患者さんから頼りにされ、信頼感を持ってもらえる医者となるためには、患者さんの同じ視線に立ってまじめに向き合う誠実さを持ち合わせてなければなりません。

向上心がある人

医者とは、医者になるまではさることながら、医者になった後も終わりなき学びをし続けなければならない仕事です。
今日の医学の進歩には急速的ものがあり、止まることなく新薬や画期的な手術のメソッドが確立されています。
医者たちは常日頃から学会に参加し、おのおのの研究成果を発表し、これまでなかった治療法の情報集めに余念がありません。
これは、内科であれ、外科であれ、眼科であれ、耳鼻科であれ、皮膚科であれ、医者であれば欠かすことができない資質です。
新しい知識を貪欲に吸収し、それによって自身の医者としての価値を高めていくという向上心がそこにあります。

医者の年収事情

医者 婚活

医者の平均年収

医者の魅力として、やはり最初に挙がるのは、高給取りである点です。
平均年収はというと、厚生労働省の『賃金構造基本調査』を参考にした直近の平均年収で1,232万円となっています。
医師の平均年収は、日本の労働者平均年収の約3~4倍になります。
大学病院の医局でキャリアアップを重ねて教授になったり、独立して開業医となる事で、さらなる収入を得られます。

開業医はさらに高収入

厚生労働省の医療経済実態調査によると、病院勤務医の平均年収は1,400万円であったというのに比べ、開業医の平均年収は2,500万円といった結果でした。
開業医は病院勤務医の1.7倍の年収があるということから、やはり開業医のほうが稼ぐことができるという結論になりそうです。
但し、それだけの収入を得られる開業医になるには、医療の技量とは別にして、経営者としての違う能力が必要となります。
また、もし勤め先の病院から一本立ちし、個人の元手で開業をするのなら、多額な初期投資もかかります。
半面、医療費の全額を患者が自己負担する美容外科やアンチエイジングなどの自由診療(保険外診療)の分野で開業して成功すれば、年収1億円も実現不可能ではありません。

医者と結婚するメリット

医者 お見合い

経済的に恵まれた生活を送れる

医者と結婚するメリットで、やはり一番期待度が大きいのが、金銭面で余裕ある生活を送れることです。
医者の年収は1千万円以上が当たり前であり、同世代の会社員の3倍以上の収入があります。
むろんお金が全てではないですが、やはり結婚生活においてお金に苦労しない暮らしというのは魅力あるものです。
お金に余裕があると精神上も余裕でいられますので、経済面でゆとりがあるということはとても重要ポイントです。

病気のことを頼れる

子供や両親や自分が病気になったとき、家庭内に医者がいると安心感が格段に違うでしょう。
もちろん、得意不得意の分野があるので、すべてに対応できることはありませんが、どの病気でもあらかたのことは分かり、初期対応としてどう対応するかの判断ができるため、何かあった時に安心できます。
また、医者は同僚・知人も医者だらけなので、とても困難な病気のときにはツテを存分に駆使して、どうにか良い治療ができる様、手を回してくれるでしょう。

教育に力を入れてくれる

これまで医者になるために受けてきた教育は、有用なもの、無くてはならないもの、という考え方があるため、教育への意識は高いです。
結婚して子どもができたら、教育に力を入れたいと考えている女性は、医者との結婚は持ってこいです。
医者は収入が高い分、養育費に回せるお金もたくさんあって、思いのまま習い事をやらせてあげたり、塾に通わせてあげたりなど実現可能なことが多いです。
また開業医の子どもともなれば、その後継者のために教育は欠かすことができないと考える医師家系の医者もいます。
教育にお金を費やすことはまったく厭わないでしょう。

実家がお金持ちの場合が多い

通常、医師を一人育てるには、約5千万円のお金が要るといわれます。
国公立大学の医学部は、この費用は国からの税金で多くを賄っています。
しかし、国公立大学の医学部は格段に難易度が高く、容易に入学できるところではありません。
一方、私立の医科大学は、基本全ての額を親が負担しますので、卒業までに多額の学費を支払わなければなりません。
そのため、よほどのお金持ちの家庭でない限りは、医者になることは困難ということです。
実際、医者の親は同じ医者であったり、会社経営者が多く、実家は裕福な家庭が多いです。

医者夫人として優越感を得られる

医者は、常日頃、目の前で苦しんでいる患者さんの病気治療のために、骨身を惜しまず一生懸命に働き、人助けの仕事に従事しているので、周りから尊敬されます。
それだけではなく、日本どこででも働ける資格であり、高額な報酬を受け取れる仕事なので、銀行からローンが組みやすく、信用力を有しています。
社会的信用のある医者の妻になるということは、医者夫人として、同時に社会的ステータスを得ることになります。
周りから羨ましがられますし、医者夫人だと言うだけで何かと好待遇されることも多いです。
VIP応対されば、ちょっとした優越感を得られるでしょう。

医者とどこで出会えるのか

医師 結婚相談所

医療従事者になる

医師は、同業者の女医、又は同じ医療従事者の薬剤師、看護師と結婚することが多いです。
同じ医療従事者だとお互いに仕事について理解があります。
事細かに話さなくても、仕事の大変なところまでしっかり会得してくれているというのは、安心感があります。
しかし、これらの職業は特定の大学又は専門学校の卒業とさらに実務経験が必要な国家資格で、難易度が高く、簡単になれるものではありません。
なりやすい職業ということですと、その次の難易度の資格としては、管理栄養士、言語聴覚士、作業療法士等などが挙げられます。
資格がいらない、もしくは少し勉強すればいい職業で病院に勤められるものもあります。
例えば、医療事務、病院受付、医療秘書、看護助手などです。
同じ空間に長い時間いる人の方が他より仲良くなりますので、検討に値します。

MRを通して出会う

MR(医薬情報担当者)とは、製薬会社で営業をしている人です。
MRは、医者に自社が扱う医療用医薬品を紹介したり、使われている医療用医薬品の情報を収集したりするのが主な仕事になるので、直接医者と接する機会が多い職業です。
仕事を通して、いつも顔を合わせ、医者はMRと仲良くなる事が多いです。
周りにMRがいたら、連絡を取って頼んでみましょう。
医者を直接紹介してもらったり、医者との合コンをセッティングしてもらったりできる可能性があります。

結婚相談所を利用する

医者として働く男性も結婚相談所を使っている人が多くいます。
医者は普段、病院という閉鎖的な環境で過ごしているので、出会いの広がりがありません。
忙しい職業なので、出会いがほしいと思っても、外へ出向く時間がないのです。
そこで、効率良く結婚相手を探せる結婚相談所を使っています。
結婚相談所なら自分の都合に合わせて、時間の空いたときに出会いを探せます。
自分の希望するタイプの女性と出会うこともできるため利便性は高いです。
また、結婚相談所は独身証明証を全員が提出しなければならないので身元がしっかりしており、既婚者が紛れていないというのは重要です。
女性からしてみても、職業「医者」で検索すれば、医者として働く男性がヒットするので、独身男性医師をアッという間に見つけられます。
居住地を絞って検索すれば、あなたの近くに住み出会いを探している医者を見つけられますので、本気で医者の男性と出会いたいと思っている女性には利用する価値大アリです。

医者が結婚相手に求める女性像

医師 婚活

仕事への理解がある女性

医者という仕事を理解して欲しいと求める男性医師は少なくありません。
例えば、医者とお付き合いしているとドタキャンがあります。
救急科、産婦人科、小児科になれば、夜中に急患が来ることがありますので、夜遅くまで診察や病院へ来るよう携帯電話に呼び出しがかかえることがあります。
仕事で仕方なくドタキャンせざるを得なくても、その理由に本当か問い詰めたり、浮気ではないかと疑念をかけるようでは、その女性にげんなりしてしまいます。
また、外科や内科で困難な手術をするときは、仕事が長い時間に及ぶ場合もあります。
徹夜であくる日の仕事に出なければならないときもあります。
結婚後に、妻が夫の仕事はたいへんであることを分かってくれないようでは、家庭にいてもストレスがさらに増え、身が持たなくなります。

教養のある女性

結婚後は「医者の妻」として、何かと表に出ることが多くなります。
そのため、どんなに見た目がきれいな女性でも、教養のない女性は恥ずかしいと結婚に消極的になってしまう医者も少なくありません。
教養レベルは「一般常識があればいい」という医者もいれば、「周囲が認める優秀な女性でないとダメ」という医者もいます。
上司との会合やその他いくつもの公的な場に一緒に居ても恥じない女性であって欲しいと願っています。
また、医者は子供の頃から習い事や勉強を他の子供よりも多くしてきました。
普段の会話でも知性を感じられる印象が伺えるような、教養があり話が合う女性に好意を持つ傾向はあります。

家柄が良い女性

医者であるということは、高い授業料が必要になる医大を卒業しているという男性医師は多いですので、それ相当の家庭のご子息であるというパターンが多いです。
従って、結婚を意識して交際するお相手となると、実家の家柄と釣り合うかどうか、女性の家柄も気にすることもあります。
また、自身は裕福な家庭という訳ではないけれど、大変な思いをして医者にせっかくなったので、中には家柄の良いお嬢様と結婚を実現したいと、自分の家よりもランク上の家庭で生まれ育った女性を希望する男性医師もいます。

女医・薬剤師など医療関係の女性

親が医者の場合、結婚相手に「女医・薬剤師」であることを求める男性医師がいます。
親が開業医であったり病院の経営者だと、息子や経営する病院の力となってくれると期待を抱くためです。
家系としても女医であれば威光を高められます。
しかし、必ずしも女医や薬剤師に限られるということではありません。
やはり常日頃から接点がある医療関係者と結婚するケースは多いので、看護師や介護士、さらには管理栄養士や製薬会社の社員と対象は広範囲となります。
一家代々、医療の仕事に携わってきた医者も多くいますので、やはり医療関係の女性は家族にも結婚を賛同してもらいやすいということはあります。

心の広い癒し系の女性

人間の命にかかわる仕事であること、時間に関係なく働かなくてはならない職業であることにより、常日頃プレッシャーを感じているのが医者です。
その反動で、家庭では癒されたいと願う医者は多いです。
あれこれ言わず甘えさせてくれる母性の強い女性、高いプライドやこだわり、我儘を非難せず何も言わず受け入れてくれる心の広い女性を求めます。
事あるごとに文句を言ったり、反論したり、束縛をしたりするような女性では気が休まりません。
当然のごとく、そのような女性と結婚したいと思う男性医師はいません。
やはり家庭は癒しの場であってほしいと思うのが、ハードワークをこなす男性医師の切なる願いです。

医者と結婚 まとめ

いかがでしょうか。
医者との結婚を現実のものにするためには、医者がどういう人なのかや結婚相手として求める女性像、そして出会うためにどうしたら良いのかを具体的にイメージしておく必要があります。
上記のことを参考にして、医者との結婚を実現するお役に立てれば幸いです。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. 公認会計士 結婚

    公認会計士と結婚したい!実現するために知っておくべき5つのこ…

  2. 薬剤師 結婚

    薬剤師が結婚したい相手とは?薬剤師と結婚する為に知っておきた…

  3. 弁護士 婚活

    弁護士と結婚したい!実現するために知っておくべき5つのこと