公認会計士と結婚したい!実現するために知っておくべき5つのこと

公認会計士 結婚

結婚相手として人気の職業の公認会計士。ステータスが高く、資格職で比較的安定している職業として人気があります。
そんな公認会計士との結婚を憧れる方は多いですが、どうしたら公認会計士と結婚できるのでしょうか?
今回は、公認会計士とはどんな人たちなのか、公認会計士の年収事情、公認会計士と結婚するメリット、公認会計士とどこで出会えるのか、公認会計士が結婚相手に求める女性像ということを書いていきたいと思います。

公認会計士とはどういう人たちなのか

公認会計士 出会い

公認会計士の仕事とは

公認会計士は、「三大国家資格」の1つに数えられ、経済界最高度の資格と言われるものです。
公認会計士の代表となる仕事内容は、企業などの監査を行うことです。
経営財務資料を確認し、書類にミスのないか、会計が間違いなくなされているかなどを確かめ、開示されている財務データの正しさを保証します。
そのため、投資家は不安もなく企業に投資ができ、債権者もしっかりと現在状況を認識できるのです。
このように「公の利益を保護する」公認会計士の仕事は、国内経済環境全体の健全さや透明性の実現、経済のさらなる発展という重要な役目を果たすものと言えます。

公認会計士は数字に強い

公認会計士の仕事は、毎日が数字との戦いです。
監査業務をするきは、企業が提出した多くの財務資料を確認しながら、その数字が間違いがないかを手抜かりなく確かめなければいけません。
決算期のような多忙なシーズンには、一日中休むことなく数字ばかり見ながら過ごすこともあります。
計算が好き、電卓を叩くのが楽しいという人はピッタリの職業かもしれません。

沈着冷静に感情をコントロール

公認会計士の仕事は内容的にも量的にもハードであり、複雑な企業の実態を冷静に数字で判断していくことが求められます。
時間に制限ある中で沈着冷静に感情をコントロールし、ステップバイステップで課題を解決していくことができるのは、公認会計士に必要不可欠な素養と言えるかもしれません。
膨大な数字と目まぐるしい業務環境によってたちまち混乱してしまう人は、いくら公認会計士の免許を持っても会計実務のワークは難しいでしょう。
周りがいかような状態であったとしてもビジネスライクに目の前にある仕事を遂行できるのです。

公認会計士の年収事情

公認会計士 婚活

公認会計士の平均年収

公認会計士は日本三大難関資格と昔から言われとても専門性の高い職業の一つとされています。
また資格取得後の安定性や高待遇、社会的ステータスの高さからゆるぎない人気を持っています。
では、平均年収はというと、厚生労働省の『賃金構造基本調査』を参考にした直近の平均年収で1,042万円となっております。
多くの公認会計士が勤務する監査法人には、きちんとした昇給フローがありますので、経験に応じてしっかりと年収は上がっていきます。

年収3000万円も夢ではない?

公認会計士の資格獲得後、一般企業や税理士事務所などに就職する人もいますが、最も主流なのは監査法人への就職になります。
有名なところでは、世界4大国際会計ファーム系の監査法人の有限責任あずさ監査法人、有限責任監査法人トーマツ、新日本有限責任監査法人、PwCあらた有限責任監査法人の4つが有名です。
日本の大手企業の多くがこのうちのいずれかと監査契約をしています。
監査法人でのキャリアはスタッフからスタートし、シニアスタッフ、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーとなっていきます。
パートナーまでいくと経営にも関わるので通常の会社でいうと経営幹部、取締役のようなポジションになり、大手監査法人でパートナーになれば、年収ベースで2000~3000万円をを望むことも可能です。
このように、公認会計士はとても高い年収を目指すことも可能な職業です。

公認会計士と結婚するメリット

公認会計士 お見合い

仕事にありつけないことはないので安心

公認会計士は監査法人、会計事務所や企業に勤めることが多いです。
仕事にありつけないことはなく安心できるのがメリットです。
転職で事務所を変えキャリアを重ねたり、企業にヘッドハンティングされる会計士も多いようです。
公認会計士になるには、司法試験の次に難しいと言われている試験にパスしなければいけません。
さらには、2年以上会計業務の実務経験を積んだ後に修了考査を受けて、はじめて公認会計士となれます。
このように公認会計士は国家資格を必要とする職業であり、誰でもたやすくなれるものとは違うので職業としては安定していると言えます。

しっかり計画的に貯蓄してくれる

公認会計士は会計のプロですから、確定申告の際などにも色々なことを教えてくれます。
税制についても詳しいので、一般の方は知らないお得となる情報でアドバイスしてくれるかもしれません。
公認会計士と結婚すれば、家計もしっかり管理してもらえることもメリットです。
会計を生業としているプロの夫なら、無駄を省いてきちんと計画を立てて蓄財してくれること間違いなしです。
あれよあれよという間にこんなに貯えが増えた、なんて遠からず喜べるかもしれませんね。
このようなことから、大分安定した家庭を築くことが可能となると言えます。

休業しても職場復帰しやすい

現在では育休制度などの働き方改革が行われていますが、現実としてはまだまだ整っていません。
しかし、公認会計士の多数が勤務する監査法人では、他の一般企業と比べ休業制度がしっかりしているため、育休などで休業しても比較的職場復帰しやすい職場環境となっています。
大手監査法人では、男性の育児休暇取得率も高く、また、ブランクによって給与がガクンと下がるという声も聞かず、そのような観点からも、働きやすく高い収入を望める雇用環境にあると言えます。
育児は男性にも手伝って欲しいと思う女性も多く、フレキシブルに応じられる公認会計士は結婚において大きなメリットと言えます。

公認会計士とどこで出会えるのか

公認会計士 結婚相談所

監査法人に勤務する

公認会計士と出会う確実な方法としては、監査法人に勤務するという方法があります。
言うまでもありませんが、監査法人は公認会計士だらけです。
あなた自身勤務してしまえば、職場で公認会計士と出会うことはできます。
実際、公認会計士は職場結婚も多いです。
監査法人というと敷居が高く意識してしまうかもしれませんが、派遣やパートでアシスタントの仕事は案外多く求人が出ています。
特に決算期は多忙を極めるので、求人の数も増し、そういうときに照準を合わせて転職するのも一考でしょう。

資格スクール・予備校に通う

公認会計士の資格スクールや予備校で新しい出会いを見つけることができます。
1年から2年くらい同じクラスで勉強することが多く、長い期間の付き合いとなります。
また、難関資格であるほど、互いに励まし合う仲間の存在が大事になりますので、知らぬ間に仲間意識が高くなります。
みんなが同じ目的を持っていると、会話の話題に困ってしまうことがありません。
話しかける時にも、共通の話題があるのでとても自然体できっかけを作る事ができます。
資格スクールや予備校で公認会計士を目指す男女が交際、結婚に発展するケースも多いのです。

結婚相談所で出会う

例えば合コンなでラッキーにも公認会計士が出席していたとします。
ですが、その公認会計士に交際中の人がいないか、独身であるかは判別できません。
話をつっこんで確認しなければなりませんが、思い切って聞いたところで相手が既婚者であれば、この合コンは全くもって時間とお金の無駄になります。
また、合コンのような出会いの場では、職業や年齢、彼女の有無などを偽る人がいるのも悲しい事実です。
しかし、結婚相談所を利用すれば、そんな意味のないエネルギーを費やすことはなくなります。
まず、結婚相談所では相手の職業が分かっていますので、多くの人の中から「公認会計士」を見つけ出す労力はいりません。
そして、結婚相談所を利用している方々はすべて独身であることがはっきりしています。
結婚相談所のお見合いシステムを活用することで、あなたの望んでいる条件にあった独身の公認会計士を紹介してもらえるのです。

公認会計士が結婚相手に求める女性像

会計士 婚活

家計は相手に任せられる女性

公認会計士は職業柄、数字に強く金銭的な知識がいっぱいあります。
会計のプロフェッショナルで賢い人でないと務まりません。
ローンの計算や大きい買い物、家計簿など家計面は任せたほうがいいでしょう。
妻が財布の紐を握っておくべきと考える女性もいらっしゃいますが、あまり出しゃばると何の知識もないくせいにといざこざに発展してしまうこともあるかもしれません。
餅は餅屋ではないですが、その道のことはやはり専門家が一番ですので、家計は夫に任せられるというタイプの女性が合うでしょう。

忙しい時に気づかいのできる女性

公認会計士は一般的に4月~5月に掛けてが1年で一番忙しい時期です。
これは3月決算の会社が圧倒的に多いため、このタイミングが最も忙しくなります。
深夜残業や休日出勤がこの時期はよくあります。
忙しい時に構ってくれなくても文句を言わない女性であることは求められるところです。
責任ある作業に連日追われているのに、「仕事と私どっちが大事なのよ!」なんて聞かされたらウンザリしてしまいます。
公認会計士という仕事を理解し、繁忙期はそっとしておいてくれるような気づかいのできる女性を好みます。

細かい神経を使っているので大らかな女性

公認会計士の仕事は一円単位のずれもミスは許されない、細心の注意を払う仕事です。
いつも数字を扱い、緻密ということが仕事で求められる資質の一つでもあります。
とても神経を使う仕事なので、その反作用もあり、プライベートではのんびりしていたいと思うようです。
ですので、大らかでゆったりとした性格の女性には居心地の良さを感じます。

公認会計士と結婚 まとめ

いかがでしょうか。
公認会計士との結婚を現実のものにするためには、公認会計士がどういう人なのかや結婚相手として求める女性像、そして出会うためにどうしたら良いのかを具体的にイメージしておく必要があります。
上記のことを参考にして、公認会計士との結婚を実現するお役に立てれば幸いです。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. 弁護士 婚活

    弁護士と結婚したい!実現するために知っておくべき5つのこと

  2. 看護師 結婚

    看護師が結婚したい相手とは?ナースと結婚する為に知っておきた…